脳梗塞は早期治療で深刻化を防ぐ【油断してはいけない病気】

医者

発症後の最善の対応

こちらのサイトでは脳梗塞の治療方法や予防方法について書かれていますので、気になる方はクリックしましょう。

直ちに病院へ

看護師

脳梗塞は発症してしまったら、早急な治療が求められる病気です。その理由は、血流が失われている時間と脳組織の壊死範囲の拡大は比例するからです。しかも、脳組織を壊死から回復させる治療法はありませんから、治療は早急に行わなければならないのです。現在、脳梗塞発症直後に優先的に行われる治療法は、t-PA治療です。t-PA治療を行えば、従来よりも格段に速く血管に詰まった血栓を溶かすことが可能ですので、脳梗塞からの復帰が大いに期待できるのです。但し、その効果は劇的すぎるために血管に作用するだけではなく、血管に作用する可能性があり、出血を誘発する危険があります。そのため、t-PA治療は脳梗塞発症後、4時間半以内に開始しなければならないという制約が設けられています。病院までの移動に要する時間や検査時間も4時間半に含まれることになりますから、脳梗塞は発症したら様子を見るのではなく、直ちに病院へ向かうべきという認識を持つべきです。

身近な病気

この認識は脳梗塞発症リスクがある人はもちろんのこと、家族等、周囲の人たちも持つべきだと言えます。脳梗塞を発症してしまうと正常な判断ができない可能性がありますから、周囲の人の判断力が必要となりますので、自分に発症リスクがなかったとしても認識を共有する必要があるのです。脳梗塞の原因に数えられるのが、高血圧、高血糖、加齢です。高血圧、高血糖というのは現在の日本人の食事で一般的な欧米的な食事が引き金となりますし、加えて、便利な世の中、忙しい現代人が陥りがちな運動不足も原因となります。そして、現在の日本は高齢者の人口が多くなっています。以上のようなことから、脳梗塞は非常に身近な病気となっており、この先も身近であり続けることが予想されますから、脳梗塞を発症したら直ちに病院へという認識を共有することは、極めて重要となります。

注意点と最新治療

車いすに乗った男性

咽頭がんの治療後は飲酒と喫煙は最大の危険因子となっているため、厳禁です。また近年では手術並みの成果を受けられるということで、放射線治療も主流になっています。患部に直接抗がん剤を注入する治療法が大きな成果を上げつつあり、今後の治療の主流になるのではと期待されています。

Read More..>>

原因不明の体調不良を解決

女性

喉仏の下にある甲状腺では体調を整えるのに必要なホルモンが分泌されています。このホルモンが過剰に分泌されるとバセドウ病に、分泌が低下すると橋本病となります。原因不明の体調不良が甲状腺の異常のせいだったという例は珍しくありません。内科で検査を受ければ甲状腺の病気が判明し、有効な治療が受けられます。

Read More..>>

人体の持つ防御力を利用

患者と話をする医師

がんにおける免疫療法は、既存の治療法と組み合わせてより真価を発揮できるものだと言えます。比較すると即効性に欠けるといった特徴がありますが、その分長期にわたる効果持続が最大のメリットです。また副作用が少ないこと、がんの早期治療(本来の免疫力がより保存されている時期)において、より優れた効果を見せます。

Read More..>>